ほくろを取り除いて悩みを解消【除去するための施術法】

肌トラブルは手術で解決

医者

医療機関で適切な施術を

ほくろとは、メラニン細胞が関連する良性の皮膚腫瘍の一種です。腫瘍といっても、通常は健康を害する心配はありません。また、誰にでもあるものですから珍しいと感じることもないでしょう。けれども、顔などの人目に付きやすい場所で目立ってしまえば、大きなコンプレックスともなりかねません。そこで、ほくろに関する深刻な悩みを解消するための、除去手術について解説していきます。ほくろには、平坦なタイプと突起している形状のものがあり、サイズや色合いもさまざまです。こうした種類や大きさ・位置などによっても、適切な施術の方法は異なってきます。インターネット上では、「もぐさ」や市販の除去クリーム等を使用する、手軽な治療法も紹介されています。しかし、根が深ければ取り切ることができないうえ、 刺激したことでかえって悪化させてしまう恐れがあるので危険です。また、大きめのほくろに見えても、実は「メラノーマ」と呼ばれる皮膚がんの一種だった、というケースもあります。特に全体が非対称の形状のものや、色にムラがある場合は要注意です。さらに、急速に大きくなったり、部分的に盛り上がってきたりと、形が変化してきたなら病院で診断を受けてください。「メラノーマ」は進行性のある病気とはいえ、早期発見をすれば確実に治療ができますから大丈夫です。ほくろが気になりはじめたら、安易な自己判断は禁物。専門の医療機関に相談して、的確なアドバイスを受けましょう。除去するための施術法は多様ですが、それぞれの内容をよく理解したうえで、自分に合ったスタイルを選択することが大切です。ほくろを取り除くための手術が受けられるのは、皮膚科をはじめ、美容外科、形成外科などです。どのクリニックを選ぶかによって、手術の方法や目的、費用等は異なってきます。まずは皮膚科ですが、こちらではお肌の治療が最優先されます。ほくろを徹底的に除去することが基本となりますが、同時に「皮膚がんかどうか」の病理検査もできるので安心です。ただし、術後の傷痕に対するケアの面では、十分に対応しきれないケースも見られます。一方、除去した後のダメージにも配慮し、お肌を美しくすることも目的としているのが美容外科や形成外科です。そのため、顔部分の施術や「体に痕跡が残ることを避けたい」という方にはお勧めといえるでしょう。医療機関での除去手術は、小さめの平坦なほくろであれば、炭酸レーザー等による治療が主流です。大きく盛り上がった形状のものなら、高周波メスや電気メスを使用して切除します。いずれも短時間で終了し、痛みや痕跡もほとんど残らないリスクの低い方法です。直径6mmを超える大きなタイプとなると、ほくろと周辺部分をメスで紡錘形に切開した後、縫合するという手術が適しています。根が深くても確実に除去できるので、再発する心配はほとんどなく、切除した組織の検査を行うことも可能。ただ、傷痕は比較的大きくなるため、痛みや腫れに対するアフターケアが不可欠となります。いずれにしても、安全性と確実性を考慮すれば、医療機関での手術がベストであることは明らかです。一般的に、美容を目的とするほくろの除去には健康保険が適用されません。けれども、悪性の疑いのあるケースや施術の種類によっては、保険診療が可能となる場合もあります。事前に医師のカウンセリングを受けて、判断基準をよく確認しておきましょう。

カウンセリング

取っちゃえば楽になる

一度取り除いてしまえば再発もしにくいため、悩んでいるならほくろ除去をするのは良い選択肢といえます。術後は周囲が腫れるようなことはなく、ホクロの部分だけが赤くなりますが、2周間前後で目立たなくなるため、整形もバレにくいでしょう。

詳しく見る

顔に触れる女性

お肌に行う美容対策

目立ちやすいほくろの症状は美容クリニックを利用すれば、除去できますが信頼できる医師のいる所を選ぶべきです。手術の費用は大きなものを取り除く場合は負担になりますけど、小さなものならば安い料金で仕事を頼めます。

詳しく見る

女性

綺麗な肌を手に入れよう

ほくろを除去するのには、電話やネット予約で、申し込みができます。そのクリニックによって違いますので連絡をとって確認しましょう。また、治療方法には、ほくろを凍結する方法や、ほくろにレーザーをあてて除去する、という方法があります。

詳しく見る