ほくろを取り除いて悩みを解消【除去するための施術法】

取っちゃえば楽になる

カウンセリング

一瞬でアレとサヨナラ

想像以上に簡単に取り除ける、ということで利用者も多いほくろ除去の美容整形は性別・年齡を問わずに人気がある整形です。人気の理由としてはやはり、手術が人に知られにくく、それでいてしっかりとほくろが取り除けるという点でしょう。もちろん手術直後は赤く腫れたように、あるいは内出血をしているかのように見えますが、2週間〜3週間ほどで赤色は薄く目立たなくなってきます。1〜2ヶ月ほどで傷跡はほぼ見えなくなり、周囲の皮膚と見比べてもどこにほくろがあったかわからないほどになるでしょう。ほくろの位置というのはさほど気にされるものではありませんから、取り除いたとしても周りから「整形した」「ホクロ取ったでしょ」と言われることはあまりないはずです。とはいえ自分の悩みが1つなくなるわけですから、ほくろ除去をする人が続出する人も当然といえば当然でしょう。ちなみに、ほくろ除去の場合保険適応されるものと適応外の施術の二種類があります。これは美容クリニックや皮膚科によって異なりますし、自分が望む施術が保険適応内のものとは限りません。予算や術後の仕上がりなども含めた上で除去方法を決めることが大切です。ちなみに、ほくろは根が深いものや広範囲に渡っている場合、取り除いても再度ホクロができてしまうこともあります。ほくろ除去の施術をしている病院のほとんどは、こうした再発へのアフターフォローを無料で行っているのも人気の理由です。徹底してケアしてもらえるだけでなく、再発しても無料で再治療を受けられるという点が、ほくろ除去の安心感を高めているとも言えるでしょう。ニキビやアザと異なり、ほくろは自分で取り除くこともできませんし、薄くすることもできません。ですから、美容クリニックで取り除いてもらうというのはごく自然な選択肢と言えるでしょう。美容クリニックでの施術は痛みが少なく、焼灼(レーザーなどで熱を加えほくろを取り除く治療方法)そのものにもあまり時間がかかりませんから、人によっては10〜15分ほどでほくろ除去の手術が終わってしまうこともあります。医師はプロですから、焼灼の跡が残らないよう施術を行うのはもちろんのこと、皮膚が再生されたときの事も考えているわけです。あまり皮膚を削りすぎてしまうと陥凹(皮膚が陥没してしまう状態)になることもあるため、再生後を考えたうえで施術を行います。ですから傷跡が大きく残るようなことや、ほくろを取ったことで却って目立ってしまうというような状態なることは非常に稀です。そして、他の美容整形とは異なり、ほくろ除去はもともとあるものを取り除く施術です。何かを加えたり大きく失くしたりするわけではありませんからリスクも極めて低いといえるでしょう。メイクで上から隠したり、髪をおろしたりするといった対策方法もありますが、これらはあくまでその場しのぎですし、逆にいえばほくろのせいで自分のファッションや化粧が限られてしまうということも意味します。自分らしく過ごし、自分を好きになるという意味でもほくろ除去は強い味方になるでしょう。セルフケアではどうにもできないからこそ、美容クリニックや医師のようなプロの力を借りるのがお薦めです。